視力回復に役立つ本をまとめました。こちらをクリックすると著作・監修した本の一覧が見られます。

小さな子供の視力低下の早期発見で取るべき正しい行動とは?

3歳児検診で視力低下を早期発見??

最近小さな子供がメガネを掛けているのをよく見かけるようになりました。それも幼稚園年少かそれ前の子供です。そのような子供の母親に聞くと3歳児検診で遠視で視力が未発達だからピントが合う遠視のメガネを掛けさせなさい、という指導をされ、それに従っているということでした。

「日本眼科医会の3歳児眼科検診のすすめ」というパンフレットに次の様に書いてあります。「3歳半を超えると(視力は)0.7~1.0、4歳で71%、5歳で83%が1.0に達すると言われています。」日本眼科医会のホームページにも「6歳になると大部分の子どもが大人と同じ視力をもつようになります。」と書いてあります。

日本眼科医会のホームページ

つまり3歳時の眼科検査で大事なのは先天的な緑内障などの病気がないか、左右差や斜視が病的にあるかなどの有無をチェックする必要性はありますが、その時点で視力が1.0ないからと言って異常とは言い切れません。

現代の医療は早期発見、早期治療が重要と言われますが、子供の世界も同様に考えるのは問題です。

それはなぜかというと、3歳児はまだ発達の途中だからです。

おそらく3歳児検診で遠視で視力が0.5未満の子がいますと若い眼科医は弱視(矯正視力が0.8未満)だから、ちゃんと見えるメガネを掛けてもっと視力が上がる様にしようと思うかもしれませんが、6歳になると多くの子供は1.0の視力となり、さらに他の視機能、つまり立体視や調節力などがしっかりしてきます。

3歳児で両眼の遠視で視力が定まっていない子はもう少し様子を見ていても問題ありません。

私ごとですが子供がやはり3歳児検診で発達が遅いと言われました。自身は問題ないと思いましたが妻は心配になったようです。その後子供は身長も親を抜き、立派に成人しました。3歳児検診の診立てをもっと考えて欲しいと思う方は多いのではないかと考えています。

治療だといって早くから強い遠視のメガネを掛けさせるとそのまま強い遠視が大人まで残り、大人になってからもずっとメガネなどの矯正具のお世話になるかもしれません。考えてみれば放っておいても目の使い方が悪ければ近視になっていきます。3歳児検診の低視力もそうっと眼球の成長を見守ってはどうでしょう。

今でも診ている患者ですが、こんな例がありました。初めて診たのは10年以上前のはなしで、その子は強度の乱視の幼稚園年少の女の子でした。

なんと乱視の度数が5.0ジオプターもありました。1.5ジオプターでも強い乱視と言われるので、かなりの乱視です。弱視でしたが経過をみて、年長になって眼鏡をつくりました。小学校へ入ったら矯正視力も発達し1.5になり、乱視の度数も2.0ジオプターになりました。

学童の近視予防

近視の場合はちょっと違います。もともと生まれ時は遠視で視力も成長していません。時々患者さんが子供のことを「生まれた時から近視が強く幼稚園の年少からメガネを掛けています」と言ってこられます。

そんな事はなく、どこかに近視になる原因があるはずです。アメリカでの報告ですが、赤ちゃんを育てる時に電気をつけっぱなしにしていると近視になるというのがありました。

多分、明るいので起きている時はベッド柵とか近いものにピントを合わせるようになってしまったというのが答えだと思います。

多くの子供が近視が急に進む時期があります。小学校に上がり生活が慣れてきた頃に本が大好きになった時にあれよあれよと視力が低下する例は多くみられます。本を好きになり色んな事に興味を持つのは親としても子供の身体の成長とともに楽しみだと思いますが、この時に目の使い方をしっかりと躾けたいものです。

多くの親御さんが自分自身が同じように近視が進んだことを考えていきなりメガネはおかしいと思っています。そういう親御さんたちがホームページや口コミで探してほんべ眼科にやって来ます。だから今の多くの眼科で行なっている治療法がよくわかります。

視力が下がり眼科へ行くと子供の生活習慣も聞かずいきなりメガネをしましょうと言う眼科医が大半なのです。大半の治療法だから本当に良いのかというと、そんな事はありません。まず視力の下がった原因を突き止め、そこから手をつけないと、メガネをすすめただけでは生活環境が変わらなければ近視はどんどん進んで行くでしょう。

これは内科や他の科でも同じで血圧が高ければ降圧剤、痛みがあれば鎮痛剤というのとかわりありません。

血圧が高くなった原因は食塩の取り過ぎだったり、ストレスのこともあるでしょう。運動不足かもしれません。

危険な血圧ならば降圧剤も必要でしょう。

しかし降圧剤を出しながらでも同時に根本原因を除くために食事の改善や運動不足の解消、ストレスの発散等に気を付けなければ何の治療かわかりません。長期の投薬により副作用や薬の蓄積、耐性などが起きるかも知れません。近視の治療も同様なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です